優光泉でファスティングダイエット♪午後からおすすめの食事方法とは?!

 

 

「ダイエット中は、お肉はあまり食べない方が痩せるよね?!」

 

 

「ダイエット中の食事は、カロリーの低い炭水化物が良いよね?!」

 

 

あなたはこんな風に、ダイエット中の食事方法で悩んでいませんか?!

 

 

炭水化物は太るが、肉は太らない。
炭水化物は健康に悪いが、肉は健康によい。

 

 

これが、ダイエットを成功させるための常識です。

 

 

人間の体は肉(タンパク質)を必要としているのに、
肉は健康に悪いという誤解が、私たちを炭水化物中心の
食事に走らせています。

 

 

それが肥満に拍車をかけているといっても過言ではありません。

 

 

肉は太るからあまり食べないようにしているという女性や、
中高年の男性は少なくありません。

 

 

また肉には脂がつきものなので、
コレステロールや中性脂肪が増えると信じている人もいるでしょう。

 

 

しかし、肉はけっして太る食品ではありません。

 

 

この主張は、食べたものが体内でどのように使われ、
役立っているのかを考えていけば、簡単に理解できることです。

 

 

まずは、炭水化物に含まれる糖の代謝について、
見ていくことにしましょう。

 

 

ご飯やパン、麺類といった穀類の主成分で、
野菜や果物にも多く含まれる炭水化物は、
糖分子が集まってできた物質です。

 

 

炭水化物は食べたあと、
口から胃や腸へと続く消化器官内で、
糖分子のブドウ糖に分解されて体内に吸収されます。

 

 

分解しきれない繊維の部分は、
大腸で発酵菌によって発酵し、粥状になって排泄されます。

 

 

精製された白い砂糖は、原料となるサトウキビなどから、
糖分だけを取り出したものです。

 

 

つまり、体内で分解される前に、
人工的に糖だけを抽出したものが砂糖なのです。

 

 

いい換えれば、
米や小麦を精製してつくられるご飯やパンを食べるのは、
ほとんど砂糖を食べているのと変わりないということになります。

 

 

ちなみに、ご飯100gには32g、食パンには48g、
そばには26g、うどんには20g、スパゲティーには28g、
ほどの糖が含まれています。

 

 

これだけではピンと来ないかもしれませんが、
コーヒーや紅茶に入れる角砂糖は、1個が4gです。

 

 

ご飯を100g食べるのは、角砂糖を8個食べるのと同じなのです。

 

 

どんなに甘いものが好きな人でも、
コーヒー1杯に、角砂糖を8個も入れたりはしないでしょう。

 

 

糖分の摂りすぎは健康によくないということで、
最近は、お菓子もお惣菜も甘さ控えめをうたっています。

 

 

しかし、それ以外にも糖という看板を掲げていない
隠れ糖分がふんだんにあります。

 

 

ですから、ふだんの食事でも炭水化物(糖質)を控えることを、
もっと真剣に考えなくてはいけません。

 

 

人間も肉食動物です

 

 

私たちは、毎日の食事で大量の炭水化物を摂っています。

 

 

それをエネルギーとして使い切ってしまえば問題はないのですが、
体温調節などのためにエネルギーをそれほど消費しなくなった
現代人の基礎代謝量は極端に落ちています。

 

 

さらに、タンパク質の不足が新陳代謝を低下させ、
それによっても基礎代謝量は少なくなっています。

 

 

そして、エネルギーとして消費されなかった糖は、
すべて体脂肪に換えられ蓄積されていくのです。

 

 

肉は体に悪いというイメージは、
動物性脂肪も糖も日本人とはケタ違いに摂取しているアメリカ人が、
動脈硬化を起こして、心臓病にかかる確率が高いという研究結果を、
日本人が鵜呑みにしているからでしょう。

 

 

肉食動物を見ればわかると思います。

 

 

ライオンもトラもヒョウもオオカミもみな、筋肉体質でスマートです。

 

 

むしろ、ゾウやカバのように草だけを食べる草食動物のほうが、
お腹が大きくふくらんでいます。

 

 

野生の動物に肥満がないのは、
自分の体(生理)に合ったものしか食べないからです。

 

 

人間は、
肉食動物が進化する過程で植物も食べるようになった存在です。

 

 

そのため、タンパク質をいくら食べてもけっして太りません。

 

 

タンパク質を食べすぎて肥満になることは絶対にないのです。

 

 

人が本来食べるべきものとは

 

 

炭水化物をできるだけ摂らないようにさえすれば、
カロリーの多い少ないはまったく関係ありません。

 

 

簡単にいえば、脂肪分をできるだけカットした肉なら、
毎食いやというほど食べてもいいのです。

 

 

空腹を我慢する必要もまったくありません。

 

 

人間の体はうまくしたもので、動物性食品の主成分である
タンパク質と脂質は、体が必要としている量を摂れば、
自然と箸が止まるようになっています。

 

 

そして、どんなに肉を食べすぎたとしても、
必要ない分は尿素窒素として排出されます。

 

 

糖質のように、あまった分は捨てられずに体脂肪として
蓄積されるようなことはありません。

 

 

それが、自然界に生まれた人間本来の姿であり、
むしろ健康な状態です。

 

 

私がおすすめしている、
優光泉でファスティングダイエットをした後の食事は、
炭水化物(糖質)をカットして、肉、魚、卵、豆類、乳製品、
などのタンパク質を、たっぷり摂るという方法です。

 

 

この方法を実践すれば、よほど病的なレベルの肥満でないかぎりは、
ほとんど苦労することなく、数か月のうちに、GMI値でいえば、
22前後の体重に戻すことができるでしょう。

 

 

 

ファスティングダイエットを成功させる「優光泉」はこちらから

 

 

運動が大嫌いな人や運動する暇を作るのに苦労するという人でも

 

 

運動が大嫌いな人や運動する暇を作るのに苦労するという人でも、つらい筋トレをすることなく筋肉を鍛錬することができるというところがEMSの優れた点です。

 

画期的なアイテムのEMSとは、電気刺激を直に筋肉に届けることで強引に筋肉を収縮させ、そのせいで筋力が増し、脂肪を燃やしてダイエット効果を目論むツールになります。

 

ほっそりした人に共通していることは、一日にしてそのスタイルができあがったわけではなく、ずっとスタイルをキープするためのダイエット方法を続けているということなのです。

 

ダイエットサプリは単体で痩せられるといった都合のよいものでは決してなく、言うなればダイエット活動を手伝う目的で作られたものなので、それなりの運動や食生活の改善は行わなければなりません。

 

「シャープな腹筋を手に入れたいけど、ジョギングなどの運動も面倒なことも不可」というような人の希望を実現するには、EMSマシーンを利用する以外に選択肢はないでしょう。

 

産後に体重増で悩む女性は数多く存在しており、そのため手間をかけずに容易に置き換えることができる酵素ダイエットは思っている以上に話題を集めています。

 

プロのスポーツプレイヤーが利用しているプロテインの働きで体重を減らすプロテインダイエットが、「健康的かつ無駄なく痩身可能だ」として、人気が高まっているのだそうです。

 

話題の酵素ダイエットでファスティングするなら、入っている成分や値段をあらかじめ比較参照してから、どの酵素ドリンクを選ぶのが一番なのか決断しなくては後悔することになります。

 

ダイエットが停滞して落ち込んでいる人は、腸内環境を良くして内臓脂肪の燃焼を促す力を備えたラクトフェリンを試しに利用してみると、違う結果が得られるかもしれません。

 

ジムに通い詰めてダイエットをスタートするのは、月額費用や通い続ける手間がかかるところがマイナス点ですが、専任のトレーナーがついてアドバイスしてくれるサービスもあるのでとても効果的です。

 

チョコやケーキなどだめだと思いつつスイーツを食べ過ぎてしまうという方は、少量だとしても満腹感を得ることができるダイエット食品を検討すべきです。

 

酵素ダイエットなら、ファスティングも難なく実行でき、基礎代謝も向上させることができるため、太りづらい体質をごく自然にあなたのものにすることができると言われています。

 

ダイエットサプリを取り入れるのもひとつの手段ですが、そのサプリのみ飲めば体重が落ちるなどというのは夢のまた夢で、カロリー管理や無理のないエクササイズもセットにして実践しなければ体重は減りません。

 

最近のダイエットは、普通にウエイトを絞るばかりでなく、筋力を強化して魅力的な体のラインをゲットできるプロテインダイエットなどがブームとなっています。

 

少ない期間でなるだけ身体にも心にも負担をかけずに、3?4キロ以上間違いなく痩身できる効果抜群のダイエット方法というのは、酵素ダイエットに限定されるでしょう。